ピンポイントでのマーケット

今までの時代は、いわゆる一対多数の形でマーケティングが行われるということが珍しくはありませんでした。その時代はそれが最善の方法であるとされていましたし、私達もそれに関して疑問を持つことはありませんでした。
しかし、その反面、それに効果が薄かったということもありますし、私達ユーザーの側が、そういった情報や宣伝に関して猜疑心を抱くようなこともありました。

不特定多数の人に贈られてくるダイレクトメールなどは、私達の目に付かせるという意味では良い方法ではありますが、それを迷惑と感じる人にとってはただの迷惑メールでしかありません。そういった方法だと、自主的に私達の方から関心を持ち、長期的なユーザーになるということは難しいかもしれません。
そこで、インバウンドマーケティングによって、よりユーザーに合わせた、個人的なマーケティングが可能となったのです。

私達は誰でも自分の興味のあることや、それに関連することに関しては、積極的に情報などを得たいと考えることでしょう。ですから、よりそういった形で、私達の興味や関心に合わせるような形で行われていくマーケティングが、より効果的であり、これからの時代も必要になる、ということが分かります。

時代は変わった

皆さんは、日常的にどのようなコンテンツを利用されているでしょうか。きっと多くの方が、誰かに薦められた、というよりは、自分で関心を持った、というコンテンツを利用している、というかもしれません。しかしそれは本当でしょうか。
本当にあなたが最初、関心を持っていたので、そのコンテンツを利用しましたか?私達は、誰かの考えや傾向に流される傾向があります。

例えば、ある人達が関心を持っていて好きだと言った事柄を、自分も好きとなることがあります。本来はそこまで関心を持っていなかったのにもかかわらず、自分以外の人がそういったことに関心を持っているのを感じて、自分もそれに関心を持って利用することによって、同調するのです。
いわゆる『口コミ』もそれと似たようなものかもしれません。口コミによって広まった商品やサービスは、瞬く間に多くの人に利用されていきます。本来それに関心を持っていなかったユーザーであっても、その広まった口コミから関心を持った、ということが少なくありません。

世の中にはサービスが非常に多くありますが、それらをより多面的な形で広めることができれば、決して一方的ではない、長期的なユーザーを多く生み出すことも可能です。

コンテンツマーケティングについて

私達が利用することのできるサービス、それは時代を追うごとに、さらに多様化してきました。昔から比べれば私達が利用できるサービスが増えたのはとうぜんのごとく、それらによって達成される、または私達自身が利用できることがらも非常に多様になりました。

サービスはいつの時代も私達を楽しませてくれるものですが、現代におけるサービス、それに伴うコンテンツたちは、進化を止まらせず、より私達の生活の中に浸透してきました。それらが浸透してきたことによって、私達の生活も面白みというのもが増え、よりいろんなことに興味を持つことができるようになった、ということができます。

ある時代にはそれが不要であったり、一般的な事とはされていなかった事柄であっても、現代においてはそれらが用いられるのが完全に一般的であったり、常識であったりするということは珍しくはありません。もちろん、そういったサービスやコンテンツたちも量が増えてきていますから、それらを開発した会社がより多くのユーザーにそれを知ってもらうためには、マーケティングを行わなければなりません。そこで重要となるのは、『コンテンツマーケティング』です。

コンテンツが溢れるこの時代に置いて、よりそれに重きを置いたマーケティングをどのようにして進められることができるか、それがこの時代において生き残る方法の一つであると言えます。それを私達利用者が理解しておくことによって、視野を広げることもできます。