時代に合わせて変化を

最初のうちは全く関心が無かったような事柄であっても、あとから逸れに強い関心を持つということがあります。
例えば特定の商品に関して、ある時は全く関心がなくて買うつもりなんて全くなかったのに、その商品が魅力的な、そして価値のあるものであると報道されてから、その商品への見方が180度変わることがあります。そうです、私達はそういった情報を、私達自身のフィルタを通さなくても、それが良いものである、と認知する働きがあります。

いわば、大勢が寄りかかっている壁に、同調してよりかかるようなものです。ある人にとっては、そのように大勢の人が行っている物事だからこそ融通が利く、と言われるかもしれませんが、どちらにしても、そういった他の人が関心を抱くことに影響される働きというのは私達誰もが持っている感情です。

これからのマーケティングも、そのように特定のサービスやコンテンツが、私達にとってより良いものとなることが必要です。さらにそれは宣伝だけでなく、より多方面に進出することも含まれます。現代におけるマーケティングというものは非常に難しいものです。時代の変化によって、私達自身も、状況に応じて変化していっているからです。