ピンポイントでのマーケット

今までの時代は、いわゆる一対多数の形でマーケティングが行われるということが珍しくはありませんでした。その時代はそれが最善の方法であるとされていましたし、私達もそれに関して疑問を持つことはありませんでした。
しかし、その反面、それに効果が薄かったということもありますし、私達ユーザーの側が、そういった情報や宣伝に関して猜疑心を抱くようなこともありました。

不特定多数の人に贈られてくるダイレクトメールなどは、私達の目に付かせるという意味では良い方法ではありますが、それを迷惑と感じる人にとってはただの迷惑メールでしかありません。そういった方法だと、自主的に私達の方から関心を持ち、長期的なユーザーになるということは難しいかもしれません。
そこで、インバウンドマーケティングによって、よりユーザーに合わせた、個人的なマーケティングが可能となったのです。

私達は誰でも自分の興味のあることや、それに関連することに関しては、積極的に情報などを得たいと考えることでしょう。ですから、よりそういった形で、私達の興味や関心に合わせるような形で行われていくマーケティングが、より効果的であり、これからの時代も必要になる、ということが分かります。